入口 > 日記 > 失敗のすゝめ

失敗のすゝめ

世の中はネットでどんどん便利になってきてて
そのおかげで
どんどん

●失敗をする機会を無くしている

と思うんですけど
事前に確認や準備をできるし
レビューで「利」とは無縁のリアルな意見を手に入れることができます。
ただ、ネットの全てが正しいわけではないので
そこは個人の取捨選択の能力もいるわけです。

「タダの情報はクソだ。」
ということ言ってた人もいますが
やはり タダ という甘い響きにはアリのごとくむさぼりつくものです。



失敗をすることで得るものと
成功して得るものを天秤にしたとき
1つの成功に釣り合いをとるには
多くの失敗が必要だと思うのです。
成功したいなら、あえて失敗をしてみるのも経験値を上げるうえでは大事な事だと思うのです。



寺岡君はガチガチの失敗回避教の信者で
例えば、Aを10個現場に持って行かなければいけないという場合に


Aを15個持って行くんですね。


時には


Bも2~3個一緒に持って行くんですね。


ま~それはそれでいいんですけど
私が現場に行って




Aを6個持って帰ったりすることになるわけです。




私ならおそらく

Aを9個持って行くだけでしょう。
足らなかったらそこで考える。代替品はないか?とか、そこで新しい発見があったりするわけです。



この前寺岡君に

「寺岡君てさ。」
「はい。」
「失敗せんよね。」
「はい。」
「失敗したほうがええと思うよ。」
「?」
「失敗して学ぶことって大事だから。」
「はい。」
「バランスよ。」
「はい?」
「綱渡りってあるじゃん。」
「はい。」
「ビルからビルへロープの上歩いていくやつ。」


3137bedc03018c8d2f9b1dca0d9b23a7.jpg 


「はい。」
「あん時さ、棒持ってるじゃん。」
「はい。」
「あの棒でバランスとってるじゃん。」
「はい。」
「あれって、こっち(右)が成功でこっち(左)が失敗みたいなもんでさ。」
「はい。」
「同じ経験量でバランスとってるわけよ。」
「はい。」
「成功ばっかり長くてもダメじゃん。バランスとれんじゃん。」
「はい。」
「失敗もして失敗側の棒も長くしてやったほうがええじゃん。」
「はい。」
「その棒も、短いより長い方がバランスとりやすいじゃん。」
「はい。」
「そこはさ、経験で伸ばすとこじゃないんかな。」
「はい。」


みたいな会話したんですけど
響いたかどうかわからんのですけど
今度何かで失敗したら






何やっとんじゃ!ボケ!





っていうのもありかな?
とか思ってる私なんですけど
2週間ほど

「エロ禁」

をしてて

リバウンドが凄まじくて





そのバランスを取るのに必死です。







関連記事
2018-09-17
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する