入口 > 日記 > いつかこのことを 思い出して きっと泣いてしまう

いつかこのことを 思い出して きっと泣いてしまう

今、ものすごくしたいことあって

「斉藤さんゲーム」

なんですけどね。
理由がありまして、こうなった理由が。
44のおっさんが中高生の間で流行ってる遊びやりたい理由が。
順追っていくとですね

●マンデーモーニングブルー

って言葉があるじゃないですか
直訳すると 月曜日の朝の憂鬱 ですか?
休み明けの あ~また1週間仕事かよ ですか?
ただ、今の私は月曜日がチーズケーキのように愛おしくて
月曜日の午後9時が待ち愛おしい状態なんですよね。
フジテレビで放送してる

「いつかこの恋を 思い出して きっと泣いてしまう」

というドラマです。
タイトルが

「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」

というB'zのシングルで最も売れたタイトルに類似してるところも素晴らしいのですが
内容が素晴らしいわけです。
基本、日本のドラマは見ないのですが
あれじゃないですか、日本のドラマって 最終回 主人公の二人が 

見つめ合って

キスして

曲流れて終わり

この鋼の鋳型の中で安定してるじゃないですか
だから、 水戸黄門 とかの最終回も
黄門様と助さんが 見つめ合ってキスして

♪じ~んせい~ら~くあ~りゃ~

じゃったんじゃないです?


じゃないです?


なので私はドラマは 海外派 でして
「デスパレートな妻たち」には、はまりましたね。
大人借りしてやろって行ったら大人借りされてて
「ないじゃん!!」って声出しましたから
これが、文部科学省が教科書に載せるかどうか検討している

「TSUTAYAの中心で ない を叫ぶ事件」 です。

で、そんな私がこのドラマにはまった理由ですが
娘が 高畑充希 の大ファンで
嫌でもTV画面はそれなわけで
たまたま3話のワンシーンを見てまして
木穂子が練君に本当の自分をメールで打ち明けるシーンで
そのメールの内容に

キュン

しちゃったしだいです。

そっから娘が録画してる1話・2話を見て
練君の性格 

●困った人を助けないわけにはいかない

が、私の性格とオーバーラップしました。
正直、練君の代役のオファーきたら
完璧にやりとげる自信ありますからね。
てか、オレのほうがうまいだろ な勢いです。

で、自然と私も 充希ファン になって
娘との間に「共感」というツールを手に入れたわけで
「父さんも充希ちゃんのファンになったわ。」
って言ったら

ファンクラブの会費半分払って

って絶対零度ごとくクールに返されました。

で、充希ちゃんのツイートフォローして
それに返信するのが今の私の趣味になりまして
以前は吉高由里子のツイートに返信を趣味として
自己紹介では話させてもらってたんですけど
吉高ワールドの濃さについていけなくなり
勝手ながら 卒業 という形をとらせていただきました。

感のいい方はここで

●お前、ティファニーじゃないの?

でしょうが、ティファニーはすでに
カテゴリーとして ティファニー なんで
好きな芸能人 というカテゴリーと同等のレベルなんです。
「そんなんどーでもえーわボケ。」
って思われてるんだろうな
って思いながら書き進めますが
ティファニーはツイッターやってないんで
インスタに返信してます。あと、テヨンとスヨンと。
インスタといえばこの前
私のアップした写真に初コメントがきてですね
いいね! は時々あったんですけど 
中国・タイ・フィリピンとか 9割 女子 だったんですけど
JANNIE とかあるんでたぶんアメリカですね。
コメントといっても絵文字だったんですけど



Screenshot_2016-03-06-13-42-34.jpg
惚れてるな




でですね。
そんな充希ちゃんがCMで
冒頭の「斉藤さんゲーム」やってるんですよ。
リズムとかだいぶ体で覚えました。
「3」の時が一番難しいですね。
あと1週間くらいでマスターできると踏んでますが


よくよく考えたら







一緒にする人おらんわ



関連記事
2016-03-06