入口 > 日記 > 名は体を表す 体は富を表す

名は体を表す 体は富を表す

広島で会議があり、行ったんですけど
難しい話が多く

みんなマジメだな

という印象で聞いてましたが、その後に懇親会がありまして
私の前の席の人が、79歳になるお方で
「あんたは笑顔がかわいい。女にもてるじゃろ。」
と。私を気に入ってくださり
色々お話しを聞かせてくださって勉強になったのですが
ただ
レベルの差を痛感させられたというか
お金の単位が違うんですよね。
かっぱえびせん床に落とした時
「3秒ルールの適用」とかいう概念無いでしょうね。



途中あることに気づきまして
そのお方、お手本のような

福耳

で、過去の私の経験から
お金もち=福耳
という鉄板の公式があって
一時、なんで整形手術で「福耳コース」はないのだろうか?
福耳はオシャレではないし、カッコよくも可愛くもない。
福耳に合わせるコーディネイトは難題かもしれません。

しかし

●お金が入ってくる

この絶大なパワーに魅力を感じる人は多いはず。
整形外科へ ビジネス というスタイルで伺い
「福耳整形というブルーオーシャンで商売してみませんか?」
ともちかけ
「とりあえず、モニターで私を福耳にしてもらい、1年間リサーチするのです。」

てなこと考えてたことありました。



その福耳に気づいてからは
私の目の前で話をしているのは


sitiadai-1a.jpg 

大黒天




以外に見えてこなくなって




sitiadai-1a.jpg 

事務員の女の子が1000万貸してくれって言ってきてな。貸してやったわ。





福耳ですもんね。







sitiadai-1a.jpg 

その後、結局それが2000万になって返ってきたわ。






福耳ですもんね。








sitiadai-1a.jpg 

中小企業ゆうのは 人情 を忘れたらあかん。






福耳ですもんね。







ということで、何を言われても心の声の述語が
「福耳」でくくられることとなりましたとさ


めでたしめでたし。



関連記事
2016-03-13