入口 > 日記 > ガム

ガム

ガムを踏んだ。

3年ぶりくらいかな?


ガムを踏んだ。

犬のフンなら嗅覚へのシグナルを発信してくれるが
ガムにはその優しさが無い。


ガムを踏んだ。

ポイ捨ての仲間である「タバコ」よりも
やっかいな代物だ。


ガムを踏んだ。

「噛んだ後は紙に包んでくずかごへ」
という人としてのマナーを促す注意書きはあるが
ガムを噛むという行動自体が
移動中の場合も多々ある。
「もう味しね~や」の場面に対して
くずかこの供給が足りないのである。


ガムを踏んだ。

ふと疑問がわいてきた。
ガムは燃えるゴミなのか?燃えないゴミなのか?
ゴムのような性質が判断を鈍らす。
調べたら燃えるゴミだった。


ガムを踏んだ。

そもそも、1度口の中へ入れたものを
リターンするという行為自体がおかしくないか?
果実のタネとは意味合いが異なる。
飲み込んではいけないのだろうか?
飲み込めば必ず所定の場所で排出が可能だ。


ガムを踏んだ。

右足で踏んだ。
アクセルペダルを放すときの
「ぺちゃ」がとても不愉快だ。


ガムを踏んだ。

ガムはまだ完成されていない。
ガムにはまだ改良の余地が残されている。
噛むことに重きがおかれ
噛み終わったあとのことがないがしろにされている。



メーカーに1日でも早い完成されたガムの開発を願う。



ガムを踏んだ・・・。



関連記事
2016-03-27