入口 > 日記 > キーつけて、ドア閉めて、は、気つけて

キーつけて、ドア閉めて、は、気つけて

久々ですが

インロック

しまして、慣れた手つきでJAFに電話しました。
受付の女性が

ようこそいらっしゃいませ!

な勢いの対応で
別にいらっしゃりたくていらっしゃったわけ違いますけど。
って思いましたが
現在地を聞かれ、分かる範囲で説明すると
「目印になる建物はありますか?」
と質問され、建材を販売している「デポ」の駐車場だったので
「デポの駐車場です。」
って答えると
「デポ?」
ってなったんで
「あ~電動工具とか、建材とかを売ってるデポってお店です。」
と、丁寧に説明すると
「スポーツデポですか?」


いやいや、電動工具ゆーとるがな、建材ゆーとるがな。


って思いましたが
「違います。」
って答えると
あきらめの早い人で
「他に何かありますか?」
って聞いてくるので
「目の前、ハリウッドっていうパチンコ屋さんです。」
って答えると
「あっ確認できました。ハリウッドさんの北側の建物のデポですね。」
って聞いてきたので


「いいえ、西側です。」


って答えました。
そして、車種は?・色は? のやりとりが終わり。
「20分程で到着予定です。」
といわれ、電話を切りました。


20分か・・・
外は寒くなってくる時間でした。
店の中で待つか?
でも、JAFの人早くきたら待たせる事になるかも
JAFにはあくまで待たされるものであって
JAFを待たせてはいけない。
と、死んだじいちゃんは言ってませんでしたが
外で待つことにしました。
スマホをいじりながらまっておりました。
すると、10分程でJAFがきました。
車を降りるなり、JAFの兄ちゃんは
「早くなかったです?くるの早くなかったです?」
って聞いてきました。

何?このアピール。

と思いましたが
「はやかったよ。うん。」
って答えると
「でしょ。」
何?このアピ―ル。
で、
「実は、これで3回目なんよ。」
ってカミングアウトすると
先がカマ状になった薄っぺらい金属の板を手に持って
「みんなこれでした?」
って聞いてきたので
「そうそうそれそれ。」
って答えると
うれしそうに私の車へむかいました。
で、ガラスの隙間にそれ突っ込んでゴソゴソはじめました。
1分くらいやってました。
過去の2人は30秒くらいであけたのですが
兄ちゃんは2分をむかえようとしてました。
すると、ロックの部分が少し上にあがりました。
じわじわと持ち上がったのですが、ストン とまた落ちました。
直後、JAFの兄ちゃんが私を見て


「今、おしくなかったです?いいところまでいってなかったです?」



なんやねん!その、仕事できまっせアピール!



って思いましたが
「おしかった。おしかった。」
試合に負けた高校球児をなぐさめる心境でした。
で、やっとカギを開ける事に成功。
拍手する私。
すると
「すいません・・・ちょっと、アンケートに協力してもらえますか?」





そこですか!

そこの査定気にしてのアピールでしたか!





素早い対応にビックリ!

JAF入っててよかった!

また、よろしく!


ってご意見しときました。



関連記事
2014-11-09