入口 > 日記 > 順番が大事

順番が大事

「笑い」とか「ユーモア」とか
相手に直接伝える場合と
間接的にというか想像させて伝える場合があると思うんですけど
例えば、
●鼻の下にマジックで鼻毛3本書いた。
これは直接で
●かじったリンゴをノートPCの背中にテープで貼った。
これは間接です。

後者の方が高いスキルを求められます。
また
「オチ」と呼ばれる重要なポイントがありますが
話の流れがよく「起承転結」でくくられますが
まさに「オチ」は「結」であり、精度もさることながら
順番が大切なんですよね。

この順番が守れなかった
Oさんのお話しを書きたいと思います。

フレッシュさに欠ける内容なんですけど
現場で私に話してくれまして

話してくれた内容(流れ)が



世の中が地デジに移行する情報を受け
カーラジオが聞けなくなると思い
車屋さんに地デジ対応のラジオの問い合わせをした
車屋さんに「ラジオは聞けますよ。」と言われた。

というもので
これをウケルように手を加えるなら
まず、最初はいいと思うんですね。
世の中の地デジ情報
次が問題でして、この話の「オチ」にあたる部分
「ラジオ」をいきなり公表してしまっている
ここは順番として

慌てて車屋さんに連絡をした自分

これだけを説明します。
そして車屋さんに言われた言葉で自分の連絡した内容
つまり、「ラジオが聞けなくなると思った。」
という情報を表現するのです。
模範解答を示しますと


世の中が地デジに移行する事を知り

慌てて、車屋さんに連絡をしたが

車屋さんに言われたのは

「ラジオは聞けますよ」だった。



になります。



今日、ローソンの入口に

●コーヒーの機械のメンテナンス中です。ご迷惑おかけしてます。

というお知らせがブラックボードに書いてあって
それ見た瞬間
オレならこう書くなって思いましたので
ここに紹介させてもらおうと思います。









無題







関連記事
2016-05-27