入口 > 日記 > みやげた心がけ

みやげた心がけ

今日、なんか、心が

ホワン💛

ってなることあってですね。
政治経済のことばかりでなく
たまにはこんな事も書きたいな てなもんで
ちょっといい話書きたいと思います。

D君が心機一転事務所を移転して
私に「ぜひ遊びにきてください!」てなこと言うもんで
真に受けて
寄ったら
留守で
電話したら
「車があったらいるんで、そん時ぜひ」 てなこと言うんもんで
1週間ほどして事務所の前通ったら車あったんで
寄ったら
留守で
電話したら
「今、熊本の支援にきててあと3日ぐらいで帰るんで、そん時ぜひ」 てなこと言うもんで
今日
寄ったら
やっぱり
留守で
誰もいる気配なくて
電話したら



話中で



こんなん縁無いて珍しいわ。
って思ってたら、U君がひょっこりあらわれて
「良かった。帰ろうとしてたとこなんよ。」
「え?なんで なおさん ここにいるんです?」
「D君に遊びに来てくれっていわれたから。すごいじゃん。事務所移転して。」
「はぁ・・・。」
「中見せてよ。」
「はぁ・・・。」

前が美容院だった場所で中は小じゃれた感じでした。
U君の説明を一通り聞き終わった私は
机の上の 熊本ラーメン と書かれた箱を二つ見つけました。
で、
「なんだD君 気~使わんでええのに。」
と、その箱を手に取りました。
きょとん顔のU君に
「気持ちがうれしいよね。」
「え?」
「え?これ オレへの土産でしょ?」
「・・・です。」
(マジか?この展開はなんだ?)
「当然よな。オレに土産無いなんてありえんよな。」
「・・・ありえないです。」
(違うわ。絶対違うわ。絶対他の人の土産やわ。)

●正しいより楽しい(おもしろい)

が我社の社訓でありますから
ここはこの土産を持って帰るのが正解だな。と判断した私は
「D君にありがとうって言っといて!」
そう言うとラーメンの箱を一つ左脇に抱えその場を立ち去りました。
少ししてD君から電話があり

●電話出れなくてすいません。
●ほんとに土産持って帰ったんですね。
●こんなことするの なおさん しかいません。
●あれ〇〇さんの家族にあげる予定の一つでした。
●〇〇さん家6人家族なんで4食分が二ついるんです。
●仕方ないので4食を6人で割ってもらいます。

ここまで聞いたら
人として出てくる言葉は一つですよね。


返すわ。


したらD君が
「大丈夫です。Uが自分の分まだ開けてないんで〇〇さんにまわしてくださいって。」

あのU君がそんな・・・

「いや~Uにそんな気が利くところあるなんて意外でしたよ~。」

そうなんです。U君は自分の分を献上する覚悟の上で私との会話を交わし
去ってゆく私を笑顔で見送ってくれたのです。

この美談を各方面にアナウンスし
U君の株をあげてやらなければという思いでいっぱいなんですが

どのようにデコレートすれば









私の株を下げないですむか?



を模索中であります。



関連記事
2016-06-21