入口 > 日記 > 「売りたい師」との再会

「売りたい師」との再会

かれこれ1か月も前の事を
これから しれ~っと書くことになりますが
この日記に新鮮な情報を求めている人は皆無であろう思いから
何の罪悪感もありません。
久々の更新でログインに時間かかりましたが
無事こうして更新できることに感動を覚えています。
長生きする秘訣を聞かれた長寿のおばあさんが

●1日10回感動すること

と、おっしゃってましたが
これ聞いたとき思ったのですが
感動とは与えられるだけではなく
与えた時に得られる感動や、感謝の気持ちも同じことで
とか書き続けると「めんどくせーやつ」などというレッテル貼られて
ピースサイン出しそうなので


ブログ書きます。


今年で4回目となるビッグイベントがありまして
初参加となるK君が
「社長、何時ごろ行かれます?」
少々不安そうな顔で聞いてきたので
「やっぱ、オレぐらいになるとさ 9時集合でも会場7時入りして入口前ホウキではいてるからさ。」
冗談を真顔で言ったら
「だったら僕それより前に行ってはきます!」
体育会系というのは気持ちがいいものだ。 
と、感心したのですが
当日の朝寝坊して
この吉報はまずK君にお知らせしなければと思い電話してつながって
「もしもし」の4文字の後すぐレスがきて
「社長!すいません!あと3分くらいで着きます!」
「そうなん?」
「はい!すいません!」
ここは
「気を付けて、急がないでいいよ。」
と返すべきか迷いましたが、正直に
「そんなに謝らなくていいから、誰でも遅れたりするから、9時に着けばいいから。」




オレ、寝坊したから。その電話だから。



K君の軽いショックを3秒ほどの沈黙に察しました。

そんな愉快なスタートで始まったわけですが
色々なブースがあり、余興もありで賑やかな会場だったのですが
私の好奇心爆弾の導火線に
なかなか火花散らさない100均ライターで火をつけようとするブースがありまして


「姓名判断」


任意に定義される星座に相対する生まれた時の太陽の位置が個人の性格に影響を与えるという集団妄想に憑りつかれているわけではないのですが
占いとかそんなに信じてないのですが、占い師が

●メガネかけたマダム

メガネフェチの私の後ろで右手を天高く突き上げ

「ストライ=====クッ!!」

と叫ぶ審判の声が聞こえました。


己が担当責任者の「焼きそば」ブースを他の人に任せて
「姓名判断」の順番待ちのイスに腰かけました。
10分ほどで順番がきて、占い師の前に座り占い師直視したとき

「この人知ってる。」

そうなんです。3年前に人生初の占いをしてもらった時の人。
私の名前で開口一番



自己アピールが足りませんね。

と言わはった人。
痩せた?髪切った?化粧の感じ変えた?
占い師は気づいてないようでした。
ですよね。こちらは初ですから貴重な1ですが、相手にしたら多勢の1でしかありません。
少し固まった私に
「こちらにお名前をお願いします。」
差し出された紙に私の名前書いたって



自己アピールが足りませんね。

で終わりじゃないですか
ここは・・・






_20160629_191906.jpg 


で攻めてみたわけです。
「イナバ・・・・・。」
「コウシです。」
「イナバコウシさんですね。」
「はい。」
とても冷静なんですね。占い師の人
「B'z の稲葉さんと同姓同名なんですね。珍しいですね。」
とか何もないんですよね。
ビジネスに徹する姿勢にプロの気迫を感じました。
で、言われた言葉が
「稲葉さんの名前ですけど 凶を吉に変える そういう名前ですね。」

やっぱね。でしょうね。

「今年の仕事とかどうでしょうか?」
「今年はあまり動かない方がいいですね。」
「そうですか。」(今年はライブないかもな。)

などと、全て言われること稲葉に置き換えて聞いたわけなんですけど
最後には前回同様

印鑑作りませんか?

になってきて、なんか相手のテンションちょっと上がってきて
負けちゃだめだ負けちゃだめだって言い聞かせてお断りしました。

今回の占いで何が気持ち良かったって
何回も私のこと

「稲葉さん」

って呼んでくれたことですかね。
来年は

「ティファニー」

で占ってもらおうと思ってます。



関連記事
2016-07-17