入口 > 日記 > 指摘は素敵

指摘は素敵

コンビニの兄ちゃんの
ズボンのチャックが開いてるの発見しまして
教えるべきか迷って
仮に教えたとして

「これファッションっすから。」

ってクールに返されたらどうしよう
とか考えているうちに
清算終わって、「ありがとうございました。」
って言われて
本当ならもっと違った感情のこもった
「ありがとうございました。」
を言われてたのかもしれないのに
とか考えながら店をでたんですけど

以前も似たような事があって
「鼻毛」なんですけど
無理矢理な展開ですが

鼻毛の指摘って人間関係のバロメーターとちがいますかね?

見ず知らずの他人が鼻毛出してる場合
言えないですよね。
かといって、よく知っている人でも
立場的とか、状況で
言えないですよね。
私も以前、無期懲役に値する男前のY君が

出してたんですね。

で、ここで教えてやるのがY君の為だと分かっていましたが
直後のY君との対応はどうすれば良いのか?
男前の城を完全に崩壊させてしまったあと
Y君のリアクションを見届ける勇気はない
かといって、このままでは
他の人にまでY君のイメージダウンが及ぶ可能性が大
おそらく、皆、言えないから言えなかったから
今こうして 出してる Y君が存在しているのだ。
やはり、ここは私がピリオドを打つべきではないか?
いや、まてよ
もし、教えたあと返ってきた言葉が

「知ってますよ。」

だった場合、逆に私はどのようなリアクションをとればよいのか?
などと考え、結局

言えなかった。

という経験があります。

でもあれですよね。
なんで「鼻毛」は周囲の目にさらされる事を悪とされるのでしょうか?
おそらく一番に
「マヌケ」に変貌することがあげられるでしょう。
教科書の落書きでも偉人の写真への落書きは
「鼻毛」がスタンダードであり
たった3本の直線ですむ
というお手軽さがあります。

実はこの「マヌケ」イメージを払拭する機会を与えられた人物がいたのです。
過去の偉人ではありますが、彼の名は



0066_l.jpg

板垣退助




彼が鼻毛を伸ばし、口ひげと同化させるというアクションを起こしていたなら
きっと、鼻毛の地位も向上されていたに違いありません。

そもそも、鼻毛は私達の体を守ってくれているのです。
呼吸器官へのホコリの侵入などを防ぐフィルターとなり
この世に生を受けてから休むことなく働く
無給のスーパーファイターなのです。
そんな鼻毛様なのに
少々日の当たる世界に顔を出したとたん
罵倒されるのはいかがなものでしょうか?

私はこれから「鼻毛」の事をより優雅に




鼻の毛


と呼びたい。



関連記事
2016-08-11