入口 > 日記 > マツモトノデキヨシ

マツモトノデキヨシ

何か行動を起こすとき
誰しも「目標」なり「目的」みたいなもんがあって
最初はそれ目指して進んでいても
途中で新しい「目標」なり「目的」が出てきて
なんとなくそっちに引っ張られたりして
最初の「目標」なり「目的」が置いてけぼりになったりすることあると思うんですけど
やっぱり最初の「目標」なり「目的」って大事で
それがブレなければ途中でつまづきそうな小石とか目じゃないと思うんですよね。
といのも今日の私がそうでして
早速GW初日から

「B'z 看板製作」

に取り掛かったのですが
まず最初に板に鉛筆で下書きしていくんですけど
あっ今回はモザイクはやめました。
なんせ急を要する事態なんで
っていうか
あんな釈迦の苦行に匹敵するような行為はもうしませんから。
苦行の後に釈迦が言った言葉が

「これは無意味だ。」

40,000枚以上の9m角の板をひたすら貼り
仕上がった作品が 稲葉 と理解してもらえない現実に吐く私の言葉も

「これは無意味だ。」

ですからね。正直言って。

で、下書きがなかなかうまくいかなくて
消しては書き消して書きを繰り返してて
自分の納得する 稲葉 が書けませんでした。
そこでふと思ったのです。
今回の一番の目的は
松本を参加させることで
そのことで B'z が B'z と理解されるはず。
稲葉のクオリティよりもキーマンである松本に着手するべきでは?

早かったですね。
だいたい人の顔って目が難しいんですよ。
松本 サングラスですからね。
で、稲葉に着手したんですが
私の中の合格ラインではないんですが
スタンドマイク持った男の横にサングラスかけた男書いただけで
これ もう B'z なんですよ。
ある意味シルエットでもいけるんちゃうかなって思いましたから。

で、制作期間1日という「やっつけ仕事」にも似た作品がこれです。



DSC_0051.jpg 

たぶんこれ見たY氏は

「松本小さくないか?」

って言ってくると思うんで

そん時は

「遠近法です。」

って答えるつもりです。



関連記事
2017-05-03