入口 > 日記 > ふれ愛 を求め ふれ哀 となる

ふれ愛 を求め ふれ哀 となる

先日の事なんですけど
ローソンで日課であるアイスカフェラテ買いまして
ホンマ、オレがアイスカフェラテやめたら
確実にローソンの株価下がるわ。とか思いながら車に乗ったらですね。

雑誌コーナーで立ち読みしてる女性



DSC_0042.jpg


という日常の一コマが展開されてたんですが
その時の私には 非日常 に見えて


DSC_00242.jpg 

で、

これは緊急事態だぞと
仕事に翻弄され、エロサイトも新着の確認作業のみの日々である私に対する
エロ神様からの警笛だと思いました。
この状況を打破する特効薬は

ふれあい

しかありませんでした。
正直、今の私にはお釣りをもらうときの ふれあい しかなく
もっとロングスパンでの ふれあい が必要でした。
そんな私にエロ神様から素敵なプレゼントが届いたのです。
私もスタッフの一員として参加するイベントに
「ネイルコーナー」のブースがセッティングされていたのです。

当日、ネイルコーナーのブースにはちょっとケバイ女子が2人来てまして
私とは真反対の立ち位置の2人だったんですけど
事態(自体)はかなり深刻だったんで
私がリーダーである担当の焼きそばコーナーなどのこと けんもほろろに

「ネイル!ふれあい!ネイル!ふれあい!」

と心でリズム刻みながら向かいました。
「あっいいです?」
「は・・はい。」
そりゃそうなりますよね。
一瞬、とまどいますよね。
オシャレに全く興味なさそうなおっさんが 

ネイルて。

「やっぱ男性とか珍しいんです?」
「今日は初めてです。」
「普段は?」
「お店で~月に~・・・一人とか・・・。」
「そっち系の人とか?」
「いえ、社長さんとかですね。」
「あ~そうなんじゃ。」
とか会話しながらコースを選びました。
さすがに色はないだろうと思い。磨いてクリヤーでコーティングのコースにしました。



私の手を取り左指の爪から丁寧に磨きはじめまして
なんかそれがとても新鮮でして
仕事では相手が「家」なんで、広い範囲を意識して作業するじゃないですか
でも、ネイルってほんと限られたスペースに集中する作業で
色んな仕事があるよな~って見つめてました。
そこへ
「山下社長!何してるんですか!」って声が後ろでして
おいおい名前と役職バラすなよって思いながら振り返ると
「私、占いしてもらったことないんです。一緒に行きましょ!」
「ええよ。」
という約束してたFさんでした。
そのイベントには昨年私が「稲葉浩志」で占ってもらった占い師さんも来てまして
上記のような会話が成立してたのです。
「いや、これには真っ当な理由があってね。」
上目遣いで半笑いのFさんに

「前にTVで見たんじゃけど、駅前で男女6人にティッシュ配ってもらう実験で
 最初は普通に配ってもらって、次にネイルで綺麗にしてもらって配ってもらったら
 1.5倍多く配ってたんよ。これはどーゆーことかっていうと

●ネイルで爪を綺麗にすることで自分に自信が持て積極的な行動をとれるようになった

 らしいんよね。お客様相手で一番近い位置にあるのが 爪 じゃん。
 そこが綺麗になるってことは大事なことなわけよ。」

この説明にはもう一人のケバイ女子も頷いてましたからね。
とりあえず、半信半疑のFさんは一人で占いコーナーへ行きました。
その直後ネイルしてくれてるお姉さんが
「写真撮られてますよ。」
「え?」
振り返ると、営業のF君がニヤニヤしながら4M後方に立ってました。
「あんな~!これはな~!」
「分かってます社長!」
絶対分かってないですから彼は。
チョットしてMさんが「何やってんの?また。」(3回くらい来ました。)
けっこう大きい会社の社長Mさんが「あれ?山下さん?」
U君が「なんでここにいるんですか?」
毎回の対応がめんどくさくなり
「もうええ。関係業者に『 何故、山下社長がネイルしてたか』 をFAXするから。」
って言いました。

そんな対応してるうちにネイルが終わってしまい。
人生ベスト1の綺麗な爪になったのですが


DSC_0028.jpg 


私の目的であった ふれあい はあったのですが

そんな ふれあい よりも別の意味の

ふれあい

の方が大きかった現実が残念でなりません。



関連記事
2017-06-25