自問自答の冬@inaba111

信号待ちをしている時
ふと助手席の窓ガラス越しの景色に視線を移すと

●ホットでホットな夫婦まんじゅう

という看板が控えめに飛び込んできた。

文法がおかしくないか?
何故繰り返すのか?
地獄のように熱いまんじゅうなのか?
それがセールスポイントになるのか?
ホットでグッドな夫婦まんじゅうのほうが良くないか?

そんな疑問を抱いている間に信号が変わり
いつもより遅いタイミングでアクセルを踏んだ。
目的地へ着くまでの間、ふわふわと降り注ぐ結晶を
スローワイパーで払いながら

「ホットでホットな」

の答えを探った。

CM広告の目的はいかに記憶に残すかにある。
インパクトがポイントだ。
それが口コミになり拡散し、強力な宣伝効果に変わる。
その視点からいえば、これは確実に私の脳に記憶されている。
また、繰り返しに疑問を持ったあの時、あの場所に
看板と私の中央という場所に
スタンドマイク1本が凛とした姿勢で立っていたなら
間違いなく

「何で繰り返すねん!」

とハンドル持つ左手を離し、看板の右肩にツッコミを入れていたに違いない。
ボケとツッコミというコミュニケーションの最上級の姿だったに違いない。

ということは、「ホットでホットな」は正解なのかもしれない。

目的地に着き、エンジンを切った私は
小さな笑みを浮かべながら、そう思った。



関連記事
リンク
Credit
Background vector created by Lembrik - Freepik.com