入口 > 日記 > レジの年齢認証スタンスに革命を

レジの年齢認証スタンスに革命を

これって意味あるんだろうか? 
コンビニのレジで私の前の男性。 
商品の中にタバコがありました。 
レジでピッとすると店員さんが、 
「すいません、身分を照明してもらえます?」
ここのコンビニ真面目。と思ったのです。
 男性が免許証を出そうとすると、 
「この画面にタッチしてください。」
レジの画面をのぞくと、20歳であるかどうかの問いの文の下に 「はい 」の文字
で、タッチすると 
「ありがとうございました。」 
これって意味あるんだろうか? 
画面には 

はい 

しかありません。 
選択の余地はないんです。 
つまり、このシステムは 
身分の確認をやってますから! 
という事が目的であって、 
未成年者にタバコは売らないと言う目的は最優先されてないんです。 
で、思ったんですけど・・・ 
あっさっきの目的とかの話は忘れてください。 
あのタッチパネルをもっと工夫して、 
世の中の禁煙ムードを追い風に、改良を加えるとしたら
年齢確認後の はい から
本当ですか?に対し はい からの
正直に答えてください に対し はい からの
肺癌なってもいいんですか?に対し はい からの
勝手にしやがれ!に対し はい
で購入作業完了 
代金を受け取った店員さんの言葉

「ご愁傷様です。」

とか個人的に実現してほしいです。



関連記事
2012-02-11