入口 > 日記 > 走る~走る~周りのひと~た~ち~

走る~走る~周りのひと~た~ち~

人間は何故走るのだろう?
Oさんから
ランニングクラブへのお誘いがあった。
時々、車を運転していると歩道を走るOさんを見かける事がある。
「スゲェ」
必ず思う。
冒頭の疑問に戻るが、
何故走るのか?
そもそも原始時代の人間が走る目的といえば
●マンモスを捕らえる
●マンモスから逃げる
主にこの2点だったと思う。
時は流れ、現在。
マンモスは存在しないし、逃げる為に走る人も限られている。
走ってる人の多くが 「健康」 というキーワードを目的にしているのだろう。
自分の体の健康維持増進の為、走るという楽ではない行動をするのは
この広い地球上で人間だけだろう。
チーターが
「最近、ちょっとメタボかな?やばいな、走らんと!」
なんて考えて走っているわけがない。

「健康」 を保とうとするなら他にも方法はある。
なのに多くの人が走るのはおそらく・・・

忘れ物を見つけようとしているのではなかろうか?

この世に生を受け、
周りの人達に 感動を与える。
寝返りをうてるようになり、感動を与える。
ハイハイで 感動を与える。
歩けるようになる事で 感動はピークに達する。
問題はそこからだ。

「うちの孫もとうとう走るようになりましてね~」
こんな会話は聞いた事がない。
つまり人生初の走りというものが
寝返りやハイハイや歩くといったアクションに

負けているのだ。

感動を与えてないのだ。

ある瞬間にそれを思い出し、

走り始めるのだろう。

周りの人に感動を与えるため。
私がOさんを見て感動を与えてもらっている事が理解できる。
こんなわけのわからない推理は置いといて、
答えを見つける簡単な方法、実は分かっている。
走ってみる。走りつづけてみる。

とりあえず、
今の私にできる事は
B’z の 「RUN」を聞きながら
この記事を走り書きすることだった。


関連記事
2012-03-08