入口 > 日記 > O君の悩み

O君の悩み

私の車の助手席に乗っていたO君が

「山下さんトイレに行きたくなりました。」
「え?今?我慢できんの?」
「もれそうです。」
「え?やめてよ。」
「ちょっとたいせい変えていいです?」
「ええけど」
私に寄り添うような形で腰を左へ移動するO君
「あっ止まりました。」
「ホンマ?」
「僕、前立腺の炎症と膀胱炎持ってるんです。」
「その影響でトイレが近いん?」
「はい、ずーっと座ってるとダメなんです。」
「病院は?」
「行ってますよ~」
「どうなん?」
「あれなんですよ、診察で触診があるんですよ~」
「そうなん?」
「お尻の穴に指を入れてくるんですよ~」
「うわっ嫌だなそれ」
「それで、先生が前立腺をぐにゅぐにゅ刺激するんですよ~」
「・・・・・・。」
「僕は炎症起こしてるんで、めちゃ痛いんですけど、 
正常な人は気持ちがいいんですよ~ って先生が言うんですよ~」
「・・・・・・。」
「で~ 僕の指は細いからな~ とか言うんですよ~」
私が言ったアドバイス




病院変えたら?




関連記事
2013-11-24