入口 > 日記 > らー

らー

18:00頃、また会う日まで的な別れを寺岡君とした。
一つの現場が終わった後だった。
19:00頃に寺岡君に電話した。
かなりコールしたが、つながらなかった。
21:00前に不在着信に気付いた寺岡君から電話があった。
「大丈夫です?」
この気遣いが寺岡君なのである。
「全然大丈夫よ。」
そして、私は電話の要件を言った。
「安室奈美恵の信者を『アムラー』とかいっとったじゃん。」
「はい。」
「しまむらの信者は『しまむラー』じゃったっけ?」
「『しまラー』じゃないです?」
このレスをさも平然と、
「えっ要件ってそれです?」
「えっ仕事の話じゃないんです?」
「それ、今電話しないといけなかったんです?」
ではなく、
「今何時?」
「3時です。」
と同レベルで返してくる。
加えて、
「『しまむラー』だと全部入ってます。逆に『-』分長くなってます。」
というのを
「1+1は?」
「2です。」
と同テンションで答える。
これが、寺岡君が「寺岡君」と呼ばれる由縁だ。





関連記事
2014-02-20