入口 > 日記 > シンクロしてる話

シンクロしてる話

エイブラハム・リンカーンが20歳の頃
アルバイト先で仕事が終わり、
その日の売り上げを数えていると
現金が3セント多い事に気付きました。
リンカーンは帳面を見ながら
お客の顔を思い浮かべていきました。
そして、誰が多く払い過ぎていたのかを
思いだしたリンカーンは
すぐに店の戸締りをし、
1時間後、婦人客の家を見つけます。
そして、
「気付かずにすいません。」
と、3セントを渡しました。
婦人客は感動して、
「その気持ちをずっと忘れないでいてください。」
と、答えました。
のちに、リンカーンはアメリカ史上最高の大統領という栄誉を手にしました。

コンビニで
LチキHOTとシュークリームとうまい棒3本買って帰りました。
会社に帰り、袋をあけると、
からあげくんが入ってました。
レシートを確認すると
LチキHOT になってます。
金額は からあげクン のほうが高いので
これは、お店側のマイナスではないか。
すぐにコンビニへ車を走らせ、
レジの前へ
「これ、間違ってましたけど。」
LチキHOT にかえてもらいました。




関連記事
2018-05-23
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する