入口 > 日記 > 男捨離

男捨離

久々にM君に会ったら
「そうだ。社長、うちの家のブラインド移動してもらえます?」
と、嫁がめんどくさいんですよ
が伝わってくるように言うので
「今日行こか?」と言うと
「今日はダメです。また連絡します。」
で別れたんですけど
前も奥さんの依頼で収納の扉を外しに行ったことあって
M君は、その扉何かに使えるぞ部員でして
奥さんは、こんな扉捨てちまえ部員でして
私は、いつか使えるかもは絶対使わないから部長です。
「社長来てもらう時、僕出張で朝からいないんですけど、嫁の言う事無視してください。」
「そうなん。でも基本女性の味方だから、うんうんって奥さんの言う事聞くかもしれんね。」
当日の朝寺岡君と二人で行ったらM君がいて
「あれ?出張じゃなかった?」
「心配なんでギリギリまで立ち会います。」

洗面所の収納の折戸がモノの出し入れの邪魔なんで無い方がいいということだったんですけど



無題 

扉を外したら洗面所の出入の邪魔にもならないし
一つを無くして二つを得ることができるじゃないですか!
と、奥さんに説明しながら時間稼ぎしまして
扉外すとこまでM君は確認したんですけど
「もう限界です。お願いします!」
「了解!」という私の声に安堵の顔で旅立ったM君
その立ち位置で振り返り、奥さんに
「扉どうします?」
「捨ててください!」
「了解!」

作業が終わり、コーヒーをいただいてると
B'z が流れてきだしまして、パブロフの犬並の反応を見せたら
「山下社長、B'z 好きでしょ。」
「ありがとうございます。」
「凄いですね~浮気とかないんです?」
「ま~ちょこっと 少女時代?」
「え?」
ってなったんで、切り替えさんと、ここは B'z が私のホームですって離れかけた距離縮めんと
って思った瞬間寺岡君が





それ、本気じゃないですか





真顔で言うなよ。



関連記事
2018-06-16
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する