入口 > 日記 > 提供品質と知覚品質

提供品質と知覚品質

製品やサービスの品質には
「提供品質」と「知覚品質」という二つの品質があるそうで
前者は、企業が実際に提供している品質で
後者が、実際に顧客が感じる品質だそうです。
このギャップが少なければ少ないほど
売上は上がるということになるのでしょうが
独りよがりの状態ってけっこうあるもので
自己中的な考えは事故中なわけで



これに似たギャップを最近感じまして
いや、髪切ったじゃないですか
提供品質側からしたら、もう、恥ずかしくて提供できません。
ていう状態なんですけど
知覚品質側の人たちから、意外にも好評で
今まで私のヘアースタイルに意見とかしなかった方々から
若く見えるとか、似合ってるとかのレビュー頂きまして
逆の意味でこのギャップは正解だということに気づかされました。
世界が私に求めているのは
稲葉というヒーローではなく






post-18648-0-61666800-1397595905.jpg 

クラーク・ケントでした。




関連記事
2018-06-17
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する