入口 > 日記 > カッコ悪い自分を見せれるカッコよさ

カッコ悪い自分を見せれるカッコよさ

世界人口の7割の人が今気になってることが

●稲葉の体調

だと思うんですけど
9月1日のヤフオクでのライブで一時中断という事態となり
その後インターバルをあけての
9月6日の豊田スタジアム
これに行ってきたんですね。



0E48B7C8-EFBD-45DD-8D0C-66376EA51B3F.jpg 

臨戦態勢で臨みましたから。





そのこと書きたいんですけど
ネタばれとか関係するんでまた後日にして

今回は
今までで最悪の席でして 
稲葉の調子も良くなかったんですが



今までで最高のライブでした!

何回も泣きました!

魂半分置いて帰りました!


とだけ記しておきます。




で、今まで見たことのない稲葉がそこにいて
見られたくない稲葉というか

今の稲葉をさらけ出してて
それが逆にめっちゃカッコよくて

婚活カウンセラーの工藤さんも





87A5084A-3C02-4A36-8BCC-A397D827AFA3.jpg

って言ってますし
やはりここは私もカッコ悪い自分をさらけ出すべきではないか?
自問自答の末、この記事を書くことにしました。


ホワイトカラーでもなくブルーカラーでもなく
ピンクカラー目指してる私が仕事ではいてるズボンなんですけど
足にフィットしたのが良くてですね
そこはロッカーとしてゆずれなくてですね
ネットで調べてたら










5509-ku-hanai-cc.jpg

この人いいな~、違う、この作業着いいなってなって
レディース=タイト じゃないですか
迷うことなくお買い上げしたんですね。
で、買って気づいたことがあって


ローライズなんですね。


トイレで小をするとき今までは
チャックあけてジュニアを開放してやるという
至極単純な工程だったんですけど

できないんですよね。

いや、私のジュニアが立派でエリートとかじゃなくて
ほんと、そこは平均〇ン長以下なんですけど
そのジュニアでさえリラックスした状態にできないんですね。
メーカーもうちょっと考えろよと
顧客の立場になってモノ作りしろよと


オシッコしにくいじゃんか!


なもんで、ベルトを外して、ボタン外して、チャックおろしてからのフリーダム
という工程に変更せざるをえず
この工程の変更も現場同様に業者連絡するべきか悩みましたからね。

そんなせわしない日常に稲妻が落ちました。

神様の悪戯が重なり膀胱爆発手前でトイレに駆け込んだんですね。
で、ここはもう

工期短縮しかない!

ってことで、ファーストステップでチャックおろしたんですね。
外の空気を感じたジュニアはもう発射寸前でした。

よー我慢した!楽になりや!

そんな思いでジュニアを取り出したんですが



ローライズじゃないですか、ジュニアが下に垂れないんですよ。
慌てて押さえつけました。

と、父さん く、苦しいよ い、息ができないよ

そんなジュニアの声が聞こえましたが 発射!
で、第一波のあと、第二波も終わり、終了かな?と思い
よく頑張ったな。
偉いぞ。
ご褒美は何がいい?
ん?
あのサイトはヤバそうだぞ。
ん?
どーしても見たい?
そーかわかった!
しょうがない息子だよお前は(笑)

的な賛辞をジュニアに送りながら格納作業に入ろうと
押さえていた指を離したら
残っていた尿が股間の周りのズボ・・・・・












漏らしました。




関連記事
2018-09-09
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する