入口 > 日記 > 警察勘違い

警察勘違い

この世は

規則

という制限の中で自転公転しているわけですが
当然、この規則を破った者には
制裁があたえられ
制裁をあたえられた者は
反省し、二度と同じ過ちを犯さぬよう
日々是精進していくわけですが
今日のブログは
とある男が
信号無視で捕まったお話を書きたいと思います。


交差点の→が黄色で
あ~赤にかわるかな~?
ぐらいのタイミングだったんですけど
けっこう待ってたし
交差点に入る1Mくらい前で赤になったんですね
で、少し大回り気味に前の車の後ろにつけたんですよ
で、信号変わってゆっくり走り出したら
右前方にスーパーカブに乗ったおまりさんいて

「やばいかな?」

って思って、笑顔で会釈したんですね
これ、前に成功した経験あるんですよ

今回はダメでしたね

Uターンしたおまわりさんを
バックミラーで確認しました。
自ら邪魔にならない場所へ車止めました。
「すいません 急がれてました?」
若い兄ちゃんでした
「全然急いでないです。」
私の返事に少し戸惑いながら
「あっすいません 赤信号だったの気づかれませんでした?」
「ハッキリ確認してました。」
我ながら自分の潔さに惚れ惚れしましたね。
「あっすいません 免許証もらっていいです?」
「え?見せるんじゃなくて あげるん?」
「あっすいません 見せてもらっていいです?」
「罰金いくら?」
「あっすいません 9000円です。」
ここで私は彼から連打される

すいません

に一言アドバイスを入れました

「自分さっきから聞いとったら『すいません』言い過ぎよ。」
「あっすいません。」
「また言うた。なんで謝るん?謝らんといけんのはこっちじゃろ?」
「はい・・・。」
「だいたい交差点は事故が一番多いじゃん。」
「そうなんですよ!」
「車はある意味、殺人兵器と同じなんよ。鉄の塊じゃん。」
「はい!」
「そういう意識で運転せんといけんよね。」
「みんなが同じ意識で運転してくれるといいんですけど。」
「そう?」
「素晴らしい考えだと思います。」
「罰金いくら?」
「9000円です。」
「だよね。」

切符きりながら彼が

「見た感じお若いですね」
って聞いてきたんで
「何歳に見える?」
「あっ 免許証に生年月日書いてあるんで・・・。」
「だよね。」

で、私が建築の仕事してる説明したあと

「家とかどんなん?」
「欲しいですね~今、アパートなんで。」
これ聞いて3分ほど『家を建てるなら』講座したんですね。
で、それ聞いた彼が
「あ~そうなんですか~勉強になりました。
  ちょっと連絡先教えてもらっていいです?」
って言うもんだから
「焦らんでいいって、建てようって思った時でいいから(笑)」




「あっ この部分に記入しないといけないんで。」





めっちゃ恥ずかしかった







関連記事
2015-02-22