入口 > 日記 > 遠くにある誓

遠くにある誓

私の意志の弱さを表すのに最適
な言葉に

「禁煙」

があるのですが
ここ最近の周りの禁煙運動の波に一緒にのり
ボードの上で一服したいところなんですけど
それほどのヘビーではないので
体に悪影響はさしてなかろう
なんてこと思ってますが

やめれるものならやめたい

というのが本音でして、
実際に禁煙に成功した。
もしくは続いているという人への
アンケートをとってみたわけです。

なぜやめたのか?

3人に聞いて3人全員から回答を得ました。
2人が

健康診断で引っかかった。

1人が

身内の不幸

この結果からいえることは
全て

負が要因である

ということなんですね。

人間が変わるきっかっけは「不幸」である

という考えを持ってるんですけど、
まさにこれなわけです。

「負」のエネルギーって凄いんです。
偉人の話とか、必ず一度、絶望的な不幸があったりするじゃないですか
で、それ乗り越えてからの・・・みたいな。
最初からハッピーで最後までベリーハッピーな伝記はつまらないのです。
で、提案というか、思いつきですが

●医者から余命半年の宣告体験

ってのをはじめたらどうでしょうか?
バーチャルに体験するのです。

「〇〇サン…落ち着いて聞いてください。」

「はい・・・。何でしょう・・・。」

「このままタバコ続けたら・・・」

「続けたら・・・?」

「あと・・・半年の命です。」











「うわ~マジ先生今の効いたわ。」

「えかった?えかった?」

「ドキッなったもん。」

「せやろ。わしもちょっと東映の俳優気分やったもん。」

「なんかやめれそうな気する。このドキッ忘れんとこ。」

「そーし、そーし、また吸いとうなったら来いや。」

「そうしますわ。」

「今度は1ヶ月にしたるわ。」

「1ヶ月て、先生も無茶やわ。」

「ワッハッハッハー」(二人笑)





これ、無理ですね。

やめれないですね。

とりあえず、今のタバコ無くなったらやめてみようと思います。







いつかできることはすべて、今日でもできる

                  モンテーニュ





関連記事
2014-10-15