入口 > 日記 > KECHI

KECHI

この前なんですけど
母親から電話がありまして

「宝くじ当たったんよ。30万。」
「すげーじゃん!」
「売り場じゃ換金してくれんのんよ。銀行行かんといけんのんよ。」
「じゃろな。」




あんた行ってきて。



なんでオレが・・・って言いかける間を与えず


一万あげるけぇ

わかった。




まっ 私の返事も早かったんですが

「本人じゃのーて大丈夫なんか?」
「あんたが当たったことにすりゃーええ。」
「本人確認とかないんか?」
「そんなもんないわ。」
「わかった。」

で、行きました。

まず、銀行の前の売り場に券出して
ハンコ押してもらって
中に入って書類と券に住所とか書いて
それ持って窓口行って

みたいな流れだったんですけど
この間で6回くらい

「おめでとうございます。」

って言われましたからね。

で、帰ってから30万渡したら
封筒を5つ程用意してまして
一万円ずつ入れていくんですよ。
何しとん?って思って聞いたら
身内の人にあげるらしいんですね。


驚きました。


あれは私が社会人として働き始めたころ
食費として毎月3万円渡してました。
半年ほど経った頃だったと思います。

朝 おにぎり2個・みそ汁  *休日は無し
昼 夕食の残り物弁当     *休日はUFO
晩 一般的夕飯

の回転にふと疑問を持ち始めました。
費用対効果がおかしくないか?
で、その後夕食に出前一丁がデビューしてきて

「オレ自炊するわ。」

法律事務所に相談行ったら
過払い 取り戻せますよきっと。
そんな母親が みんなに一万円あげるて
ちょっと見直しましたね。
で、その封筒の一つを私に差し出しながら一言

なんぼかでも配らんと次が当たらんらしいわ。

やっぱりでした。
ある意味安心しました。
ただ、ありがとうより言いたい言葉があったので言ってやりました。
「金持ってあの世行かれんのに。」
「墓代とか貯めんといけんじゃろーが。」
「心配せんでもええわ。灰は瀬戸内海にバラまいてやるけぇ。」
「そがんことしたら・・・


化けて出てやる


マジで出てくると思います。





関連記事
2015-08-30