入口 > 日記 > 私にもすがる会議

私にもすがる会議

世の中に存在する「会議」とよばれる
うわべの座談会がありますが
休憩時間のトイレや喫煙室で
本音の会議がされてるケース多々ありますが
今日、その会議がありまして
数ある会議の中でも
緊迫したムードてんこ盛りの会議でして
そんな会議の進行役のSさんから

「今月いい議題がないねん。40分くらい喋ってや。」

って言われてて
Sさんは、20数年前私が初めてこの会議に出席したとき
筆記用具持って行ってなくて

「あの~書くもの貸してもらえます?」

って言ったら

「会議に筆記用具は常識や!」

って怒られた経験があり
そんなSさんからお願いされるまでに
私も成り上がってきたわけですが
40分とか無理なんで
もうそれ講演レベルなんで
15分くらい喋ったんですね。
途中、付加価値を出して
当然 「ナタリヤ」 出しまして
12回通ってるのにいまだ
「ギャムシロップは?」
で、締めました。
ためになること 格言とかを
笑いを交え喋ったんですけど
Sさんからのまとめの言葉が


はい。わかった わかった。






いやいや、あなたが喋れっちゅーたやん!

神輿に上げたんあなたやん!






でしたが、Nさんが

「今日の会議良かった!あんな雰囲気でいつもやればいいのに。」

というお言葉頂戴して
無駄死にではなかったと安堵の思いでした。



ふと、そんとき思ったんですけど
やっぱり、「笑い」というのは
とてつもないパワー秘めてて
暗いムードやピリピリした空気感みたいなのを
簡単に変えてしまえるんだよな。
前に、この会議で
出席者の中で誰が一番偉い?
って質問したら、全員が
あのお方です!
って手かざす人が話してて
私は

●難しい話で
●昼一で
●腕組んで



●寝てて


それに気づいたNo1のお方が

「山下君は寝とるよーなけど、ちゃんと聞いとるか?」

そこで自分の名前呼ばれたことでハッって目が覚めて
会議室の空気がピーンってなったの感じて
「ヤバい」って思ったけど
お偉い方の目をジッと真顔で見て





イメージしてました。



これ、かなりウケました。
雰囲気フワフワドームくらいかわりましたから。
で、面白いことを言うってその人の精神状態に
「余裕」が必要で
その余裕に聞いてる人が
「安心感」みたいなの感じるんだろうな。
お笑いタレントが好感度上位なのも
その辺関係あるんじゃないのかな。

面白いこと聞いて 「笑う」 も、それ聞いたことで心に
「余裕」が生まれるんだろな。
笑わすって凄い!笑えるって素晴らしい!
そんなこと考えながら帰りにコンビニ寄って



13回目のギャムシロップ聞かれたんですけどね。



関連記事
2015-10-16